信じる者になりなさい(2020/09/06 熊江秀一牧師*説教音声あり

「信じる者になりなさい」

創世記15章4~6節/ヨハネによる福音書20章24~29節

熊江秀一牧師

▶を押すと音声が再生されます


復活の主がディディモと呼ばれるトマスに現れた箇所が与えられた。彼は復活の主が弟子たちに現れた時、その場にいなかった。弟子たちはトマスを訪ね主が復活されたことを伝えた。主に遣わされた弟子たちはその喜びの知らせを直ちに友で伝えたのである。しかしトマスはそれを受け入れず、主の手の釘跡やわき腹の傷を見、触れなければ「決して信じない」と答えた。その姿を私たちは笑えない。私たちも目に見える証拠を求めるからである。

弟子たちは八日の後、トマスを誘い再び集まった。この時も家の戸の鍵は閉められた。しかしこれは恐れではなく、1週間前の出来事を追体験して、主の復活を証しするためである。主の日に弟子たちが集まり、主の復活の出来事が証しされる。ここに教会の主日礼拝の原点がある。

そこに復活の主が現れ、真ん中に立ち「あなたがたに平和があるように」と宣言した。そして主はトマスの思いに応え、手の釘跡やわき腹の傷を示し、触れるように告げた。この主の愛にトマスの心は開かれ「わたしの主、わたしの神よ」と告白した。

この告白はヨハネ福音書のクライマックスである(元々は20章まで)。またこの告白は教会の信仰告白の原型となった。私たちもこの福音書の最後にこの告白をするのである。

さらに復活の主はトマスを「見ないのに信じる」信仰の幸いへと招かれる。「信仰とは望んでいる事がらを確信し、見えない事実を確認することです」(ヘブライ11:1)。ディディモとは双子という意味である。彼の双子の一人は私たちである。今日、主の日に復活の主に出会っていただき、トマスと共に「わたしの主、わたしの神よ」と告白し、信仰の幸いに生きよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です