主を愛する群れ(2020/10/04 熊江秀一牧師*説教音声あり

「主を愛する群れ」

申命記6章4~15節/ヨハネによる福音書21章15~19節

高橋真之伝道師

▶を押すと再生されます。


復活した主と再会したペトロが、牧者として召された箇所が与えられた。食事の後、主はペトロに向かって「ヨハネの子シモン、この人たち以上に、わたしを愛しているか」と問いかけた。

この言葉には二つの意味がある。一つは「これらのもの以上に、わたしを愛するか」。舟や網、道具を目の前にして、漁師としての世の誉れ以上に主を愛するかという意味である。 

もう一つは文字通りの「この人たち(他の弟子)以上に、わたしを愛するか」。この問いには最後の晩餐の時「みんながあなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」と誓ったペトロが3度主を知らないと拒絶したことがあった。それは彼の心の傷となっていた。主はペトロの心の傷を、3度主への愛を誓わせることでいやそうとされた。

しかしペトロの誓いは不十分だった。主はアガペの愛で「わたしを愛するか」と問うたのに、ペトロはフィリア(友愛)で「愛しています」と答えた。ペトロは主の愛が分かっていなかったのである。主はそんなペトロをも受け入れた。むしろ主は3度目の問いをアガペからフィリアに変え、主の方がペトロに歩み寄り、3度主を愛する誓いをさせて、ペトロの心をいやした。

そして主はペトロを牧者としてお立てになる。「わたしの羊を飼い(御言葉で養う)、世話をしなさい(牧会)」。ペトロは主によって最初の牧師として召され立てられた。この主の命令は今や牧師、信徒(万人祭司)、教会全体に与えられている。

主はペトロの最期も予告する。主を否んだペトロは神の栄光を現わす最期を遂げる。

今日、世界中の教会を覚えつつ教会に与えられた恵みを心に刻み、主を愛する群れとして、主のご命令に生きよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です