キリストの復活(2020/04/12 熊江秀一牧師)*説教音声あり

「キリストの復活」イザヤ書60章9節~11節/ヨハネによる福音書20章11節~18節

熊江秀一牧師

※▶ボタンを押すと説教音声が流れます。

今年のイースター礼拝に復活の主がマグダラのマリアと出会われた箇所が与えられた。

週の日の朝早く、主の墓へ行ったマリアは、中が空っぽになっているのを見て、悲しみに打ちひしがれた。それは死の方を向き、死の力に支配されて悲しむ、私たちの姿である。そんなマリアには天使の言葉も届かなかった。

このマリアを復活の主は見ておられた。マリアも一度、振り向いて主のお姿を見る。しかし園丁だと勘違いする。マリアの心の目が未だ閉じられ、主と正反対の死の方をまだ向いていたからである。私たちも復活の主と出会っていながら、気づかないことが多いのではないか。しかし復活の主はそんな私たちの心の目を開き、ご自分の方へと向けさせる。

主は背後からマリアの名を呼ばれる。死を向いて泣いていたマリアは、復活の主に名を呼ばれることで、主の方へと向きを変えた。マリアはこの方が復活の主であることが分かり、「ラボニ」(私の先生)と応えた。復活の主は罪と死の現実の中で嘆き悲しむ私たちの背後から私たちの名前を呼んで、主の方に向かわせ、救いと命と喜びへと導いて下さるのである。

マリアは主にすがろうとする。しかし復活の主をこのマリアを主の証し人として、弟子のもとへ遣わすのである。

この時、新しい時代が始まった。復活の主と出会った人が遣わされ、御言葉を証ししあう時代である。それが復活の主と私たちの出会いの物語である。

マリアはもはや死の方向ではなく、復活の主の命と喜びにあふれて、証し人として遣わされた。マリアは、もはや死ではなく復活の主を見続けて歩んだ。

私たちも復活の主イエスの呼びかけに応え、マリアと共に新しく歩もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。