わたしの魂は主をあがめ(2020/12/13) 熊江秀一牧師

「わたしの魂は主をあがめ」

詩編34章2~9節/ルカによる福音書1章39~56節

熊江秀一牧師

▶を押すと再生されます


クリスマスの賛美の先頭に立つ歌はマリアの賛歌である。この歌はマリアとエリサベトの出会いの中で歌われた。この二人は世間からの厳しい視線の中にあった。不妊の老女と婚約者によらない少女の妊娠。二人はひっそりと山里で出会った。しかしこの二人から生まれたのは嘆きでなく賛美だった。厳しい現実にあった二人は、それを神の恵みとして受け止め「何と幸いでしょう」と賛美した。

 マリアは「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます」と歌う。「あがめる」は「大きくする」。「喜びたたえる」は「高くする」である。マリアは心の底から神を大きく、高くして、自分を小さく、低くした。 なぜなら「身分の低い、この主のはしためにも」主は「目を留め」「偉大なことをして下さった」からだと歌う。

 神は、マリアと同じように私たちにも目を留め、偉大なことをして下さった。それは私たちに主イエスをお与えになった出来事である。この神の愛を知るものは世の現実が厳しくとも、神が大きく、高くされることを喜ぶという価値の大逆転が起こる。

さらにこの価値の逆転は個人レベルにとどまらず、この世の全体をおおう。マリアの賛歌の後半は歴史全体に目を留められる主がたたえられる。

 主は高ぶる者を低くし、低い者を高めるとマリアは歌う。これは最も高い方が最も低くなられたことによって実現した。それは主イエス・キリストの誕生である。このキリストにおける神の逆転こそが、人間の価値を大逆転させる確かな力をなった。クリスマスとはこの価値の大逆転が起きた時である。私たちもマリアと共に主をあがめ、ほめたたえて、クリスマスへ向かって歩もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。