大宮教会のご紹介

大宮教会の歴史

大宮教会草創期(1897〜1919年)

アメリカのドイツ改革派教会のモール宣教師によっての伝道開始からの20年間は、8名の牧師が交替し、教会も点々と居を移動した産みの苦しみの時代でした。

大宮教会草創期
 モール宣教師       五十嵐正牧師

 
1897(明治30)年 モール宣教師および五十嵐正牧師(初代牧師)大宮町において伝道開始。
1903(明治36)年 日本基督教会東京中会において大宮講義所設置承認される。
1905(明治38)年 最初の受洗者5名与えられる。


吉田菊太郎牧師時代(1919〜1941年)第9代牧師

初めて長期にわたって大宮教会で牧師として働かれた吉田牧師のもと、教会堂購入(借地だが定住の場を得た)、そこを用いての幼稚園事業開始等、大宮教会の基礎が築かれました。

 

吉田菊太郎牧師時代
大宮教会建設式(1939年5月14日)

1919(大正8)年

吉田菊太郎牧師就任

1924(大正13)年 大宮伝道教会建設式
1925(大正14)年 教会堂を購入。大宮幼稚会開始。
1932(昭和7)年 埼玉県知事より大宮幼稚園として認可。
1939(昭和14)年

大宮教会(自給独立教会)として認可。

1941(昭和16)年 日本基督教団に加入


佐藤津義夫牧師時代(1941〜1945年)第10代牧師

1941年12月、アメリカに参戦して突入した第2次世界大戦中は、日本中、苦難と困窮の時代でしたが、大宮教会にとっても苦難の時代でありました。

大宮幼稚園卒園式
大宮幼稚園卒園式(1944年3月24日)

1941(昭和16)年

佐藤津義夫牧師就任


佐藤牧師が退任された1945年秋から1947年秋まで、約2年間の無牧時代(当時粕壁教会の谷川眞海牧師が代務)。大宮幼稚園も1945年秋に休園となり、1946年3月まで開けませんでした。



谷川眞海牧師時代(1945〜1971年)第11代牧師

初めは粕壁教会から通い、正式就任後は、教会の復興と共に、特に幼児教育(幼稚園事業)に尽力し、上尾幼稚園(現上尾合同教会)、取手幼稚園(現取手伝道所)など幼稚園を基礎として教会を形成していきました。また、地区の諸行事にも積極的に参加するようになりました。

吉田菊太郎牧師時代
旧会堂献堂式(1959年12月6日)

1946(昭和21)年4月

大宮幼稚園再開

1947(昭和22)年10月 正式に大宮教会牧師就任
1959(昭和34)年3月30日 火災にて大宮幼稚園舎・教会堂・牧師館全焼。
1959(昭和34)年6月14日

大宮幼稚園園舎献堂式

1959(昭和34)年12月6日

大宮教会献堂式(教会は現在地、下町3-39に移動し、幼稚園は従来の土地、仲町3-92と分離して今に至る)  



池宮 仰牧師時代(1971〜1988年)第12代牧師

社会は高度成長期、大宮教会は内部を充実させていった時代と言えるでしょう。礼拝第1を掲げ、教会の組織作りと共に、教会の土地や教会墓地の購入、そして大宮幼稚園の学法化をなしていきました。

 

吉田菊太郎牧師時代
教会学校の夏期学校(1982年7月29〜31日、於鳩ノ巣)

1971(昭和46)年4月18日

池宮仰牧師就任式

1972(昭和47)年11月12日 教会墓地竣工式(青葉園内)
1980(昭和55)年4月

大宮幼稚園は学校法人信愛学園大宮幼稚園となる。       



疋田國磨呂牧師時代(1988年〜)第13代牧師

教会創立90周年を記念として新会堂を建設し、2003年には教会創立100周年を迎えました。社会的にはバブルがはじけ、不景気と先行き不安な時代にあって、暗い社会問題が多発する中で、信徒訓練をして、新たな伝道を志し、「すべての人を喜びあふれる神の家族へ」のビジョンを掲げて歩んでいます。

吉田菊太郎牧師時代
大宮教会創立100周年記念礼拝(2003年6月22日)

1988(昭和63)年5月29日

疋田國磨呂牧師・勝子牧師就任式

1993(平成5)年6月20日 新会堂献堂式
2003(平成15)年6月22日

教会創立100周年記念礼拝

ページのトップへ戻る