大宮教会のご紹介

牧師紹介

牧師 熊江秀一(くまえ しゅういち)

 私は長崎県長崎市の出身で、1964年生まれです。
幼い頃から母に連れられて長崎平和記念教会に通いました。 高校卒業後、長崎大水害が起こり、人間の生と死に直面する中で、私は神に創られ、生かされている者であることを実感し、同志社大学神学部に進みました。在学中、神学に挫折し、放蕩息子のような日々を送る中で、自分の罪を自覚し、キリストの十字架による罪の赦しを経験して受洗しました。大学卒業後は広告代理店に就職しました。しかし次第に仕事で主日礼拝に出席することが困難になり、教会の奉仕のことで上司とぶつかりました。祈る中、商品や企業を宣伝するよりも、福音を宣べ伝えよとの神の召しが与えられ、献身をしました。神は私の人生を導き、失敗や挫折を通して、問いかけ、伝道者とされました。

東京神学大学大学院修士課程卒業後、日本基督教団の教師となり、阿佐ヶ谷教会伝道師(3年)、新津教会主任牧師(22年)を経て、大宮教会主任牧師、大宮幼稚園園長。2018年7月現在、関東教区常置委員、敬和学園理事等。
牧師 疋田國磨呂

牧師 熊江知恵 (くまえ ちえ)

 私は、新潟市で生まれ育ちました。
神の恵みを知る者となるようにとの両親の祈りから、知恵と名づけられました。生まれる前から日本基督教団東中通教会の祈りの中で育てられました。東京神学大学で熊江と出会い、今は4人の娘の母です。
私は19歳のクリスマス礼拝で洗礼を受けました。私が小学4年生の時に、父が難病にかかり、10年間入退院を繰り返して、私が20歳の時に天に召されました。父の死は悲しく、かつ私もいつか死ぬということが怖くてたまりませんでした。神の愛により、主イエス・キリストの贖いにより、私の罪が赦され、神の国で神さまと兄弟姉妹と共に、永遠に生きることができることが、私の希望です。主にある交わりをよろしくお願いいたします。

伝道師 高橋真之

伝道師 高橋真之 (たかはし さねゆき)

 私がミッションスクールに通う高校生の時、授業で礼拝出席が課され、初めて教会に行きました。それが、私とキリスト教との出会いです。しかし、クリスチャンホームの出でもなければ、キリスト者の知り合いもいない私にとって、キリスト教というものはまったく異質なものでした。教会の中で語られる聖書の御言葉が分からず、「たぶん、自分は一生信じることはないだろうな。」と、その時は思いました。しかし、そんな私が今や伝道者として立たされている。まことに神の導きの不思議さを思わずにはいられません。 私たちは生きている限り、様々な困難に直面することがあると思います。しかしどんなに私たちが揺らごうとも、揺らぐことのない十字架のキリストによって支えられ歩んでいくことができる、私はそのことを教会で知り、そして固く信じ、今まで歩んで参りました。このことを胸に大宮教会で伝道に励んで参りたいと願っています。

牧師 疋田勝子
ページのトップへ戻る